無印良品の手作りキット「カオマンガイ」を作って食べてみた

無印良品の手作りキット「カオマンガイ」を作って食べてみた

無印良品の手作りシリーズ。レトルトのものよりも手間がかかりますが、安くてボリュームのあるご飯が作れます。

今回はアジア料理の「カオマンガイ」です。タイ・シンガポール・マレーシアで一般的に食べられている家庭料理で、鶏肉を使った炊き込みご飯ですね。

オンラインストアでチェック➡︎ 手づくりキット カオマンガイ 108g(2~3人前)

炊飯器で炊き込むだけの簡単調理なので男の人でも挑戦しやすいアイテムです。

今回はそんな無印良品の手作りシリーズ「カオマンガイ」を作って食べてみました。


無印良品の手作りシリーズ「カオマンガイ」の作り方

それでは早速カオマンガイを作っていこうと思います。

無印良品カオマンガイパッケージ

中には二つパウチされた袋が入っています。

無印良品カオマンガイのたれ

それぞれごはんの素とつけダレになります。ローマ字で書いてあるので、わかると思います。

無印良品カオマンガイご飯の素

こっちのつけだれの方は調理には使わないので小皿にでも出しておきましょう。

無印良品カオマンガイつけだれのふくろ

お米を2合とぎましょう

無印良品カオマンガイ用のお米

いつも炊いているようにお米を2合とぎましょう。必要なら水に浸しておくといいと思います。

ごはんの素を入れる

そこへごはんの素の方を入れちゃいます。これを入れた後に合わせて2合の水加減になるよう水を入れます。

ごはんの素+水=2合の適量の水です。

無印良品カオマンガイご飯の素を入れた図

鶏肉を丸々一枚入れて炊飯する

無印良品カオマンガイ炊く前

一枚肉をご飯の上に乗せて皮目を上にして炊飯スイッチを押します。

炊飯も基本の炊飯で炊き上げましょう。(早炊きは推奨されていません)

無印良品カオマンガイ炊飯

炊き上がったら中の一枚肉を取り出しカット、盛り付けて完成です。

無印良品カオマンガイ炊き上がり

無印良品の手作りシリーズ「カオマンガイ」を食べてみた

無印良品カオマンガイ完成

ご飯にも鶏肉のエキスがたっぷりと吸われていい香りがします。つけだれをつけながらいただきます。

無印良品カオマンガイディテール

無印良品カオマンガイたれ

お肉も今回は安い胸肉を使いましたが(レシピにはもも肉とありました)、事前にお酒や牛乳などにつけておくと柔らかくなるのでオススメです。

無印良品カオマンガイ鶏肉

つけだれは結構辛い

無印良品カオマンガイタレとともに

つけだれは思いの外スパイシーでびっくりしました。

淡白な鶏肉で作るからでしょうか味は濃いめです。僕は薄味の方があっさりしていて好きなので、この味付けはちょっと濃かったですね。

お好みで付ける量を調整してください。

無印良品カオマンガイつけだれ

無印良品カオマンガイ

ご飯にもほんのり味がついてるので、何杯でも行けそうな感じでした。おいしかったです!ごちそうさま( ^ω^ )

無印良品カオマンガイ完食

ひとこと

炊飯器で炊くだけの簡単な調理法なので、ご飯のレパートリーの幅も広がりました。(混ぜて炊いただけですけど)

ストックとして家にあると鶏肉だけですぐできるので、いつもの鶏肉料理に飽きたら新鮮で楽しいと思いますよ!簡単だし。

オンラインストアでチェック➡︎ 手づくりキット カオマンガイ 108g(2~3人前)

それでは、素敵な無印良品ライフを!

⬇︎他の「無印良品の食品」のおすすめ記事はこちら!

⬇︎Amazon・楽天でも無印良品のアイテムをチェック!

Sponsored Link

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)